アッサラーム夜想曲

ルーンナイト・1


 ルーンナイト・ダガー・イスハーク――アッサラーム軍大佐、ノーヴァ海岸総指揮官。

 中央広域戦――史上最大の東西戦争では、通門拠点にて後方支援の指揮を執った後、ノーヴァ海岸に総指揮官として出陣し、海岸沿いにてサルビア軍を迎え撃つ。

 ルーンナイトは、ノーヴァ壊滅の知らせを斥候せっこうから聞くと、アッサラームからの出撃要請を予期して、直ちに飛竜編隊の準備に取り掛かった。
 間もなくアッサラームから知らせが届くと、その日のうちに返答する。
 生き延びたノーヴァ兵は、ルーンナイトの元に再び集結し、決死の覚悟でノーヴァ海岸へ向かおうとしていた。

 黎明れいめいを待つ国門に、ノーヴァ情勢の知らせを持って、右腕を欠いた瀕死のアルスランが辿りついた――。




 ― 『ノーヴァ海岸防衛戦・一』 ―




 天高くそびえる、早朝の国門。
 西へ発とうとするルーンナイト一行を、白銀の聖衣に身を包んだ花嫁ロザインが見送りにやってきた。
 疲労が溜まり顔色は優れないが、見上げる黒い眼差しは、相変わらず澄んでいて美しい。

「ルーンナイト皇子、これを」

 掌を差し出すと、小さなくろがね細工を渡された。針で留める襟章で、表には飛竜の翼の彫刻が入っている。

「シャイターンの加護か……」

「ささやかですけれど、無事に戻ってこれるように……願いをこめて」

 四方から眺めた後、すぐに襟に留めた。
 小さな飾りだが、神聖な黒艶を放つ翼のは、目には見えない力を宿している。
 寝る暇もないほど忙しいだろうに、よく鉄に触れる時間があったものだ……。

「この翼があれば、どこへでも飛んで行ける」

「お似合いです」

 花嫁は照れくさげに頬を掻いた。

「ありがたい……殿下、アルスランは気がつきましたか?」

「いえ、まだ……」

 表情を曇らせる花嫁を見て、肩に手を置いた。

「空の将が寝台の上で往生するものですか。今に目を覚ましますよ」

「はい……」

「殿下。彼の運んでくれた情報は、とても貴重なものです。アルスランが目覚めたら、援軍の知らせを……希望は潰えていないと、伝えてください。後方支隊と合わせて五万で先行しますが、アースレイヤは必ず援軍を送ってくれる」

「はい、必ず」

「それから……ノーヴァの責を負う必要はないと、もし彼が我々を追い駆けようとしたら、そう伝えてください。あの怪我で飛竜に乗れば、命取りになりかねない」

「はい……」

 瞼を半ば伏せて、暗い声で頷く姿は、白銀の聖衣とあいまって彼を儚げに見せる。

「そう深刻な顔をなさるな。国門を守る花嫁が憂いた顔をしていては、皆も不安になります」

「はいっ」

 花嫁は沈んだ顔をあげると、無理やり笑みをこしらえてみせた。いい心意気だ。
 激化する戦況の中で、国門を離れるのは心配でもあるが、今や花嫁はこの国門の支柱だ。アッサラーム全将兵の心の拠り所となっている。負担をかけるのは心苦しいが、任せるしかない。
 愛嬌のある寝癖を撫でてやると、花嫁の傍に控える少年兵が殺気を増した。面白い。このやりとりも、暫しお別れかと思うと少々寂しく感じる。

「どうか、お気をつけて。ご武運をお祈りしています」

「必ず戻ります」

 花嫁はしっかり頷くと、中庭の全将兵から見える高台に立ち、天を仰いで祈りを捧げた。
 ノーヴァ海岸に向けて出立するアッサラーム将兵を勇気づけるためだ。

「散っていった同胞を青い星にお導きください。どうか、アッサラーム防衛に御力を貸してください。サルビアの大軍を押し返し、必ずやノーヴァを守り抜けると信じております」

 厳かな祈りと勝利の予告は、天に聴きれられたかのように、周囲の靄を晴らした。
 不思議に、ジャスミンの香るアッサラームの風が流れて、ここが深い密林であることを忘れそうになる。
 必ず、アッサラームに戻ってみせる。こんな所では死ねない。
 深い瞑想を終えると、ルーンナイトは立ち上り、同じように跪いていた全将兵に声をかけた。

「全員立て。中央から駆けつけてくれた同胞よ、そしてノーヴァを戦い抜いたアッサラームの勇敢な獅子達よ、目指す場所は一つだ。判っていると思うが、抜かれればアッサラームは落ちる」

 アルスランのもたらした対サルビアの布陣、計略図を手に握りしめ高く掲げてみせた。

「アルスラン、ジャファールが託してくれた、対サルビア戦の策はこの手にある! アッサラームからも十万を越える援軍が、今も空を翔けてノーヴァ海岸を目指している。心は一つだ! どれだけ血を流しても、サルビアに一歩たりとも砂を踏ませるな。耐え抜けば、今にムーン・シャイターンがハヌゥアビスを討ち滅ぼしてくれる! そうすれば、我々の勝利だ!!」

 勁烈けいれつな眼差しが、先頭に立つルーンナイトに集中する。覚悟は全員できている。金色のアッサラームは、全員の心の灯。消すわけにはゆかぬ。

「アッサラームを守るぞ!」

「「「オォッ!!」」」

 ルーンナイトが叫ぶと同時に、天に向かってひび割れた咆哮が上がった。




ルーンナイト・1


prev index next