アッサラーム夜想曲

リビライラ・1


 リビライラ・バカルディーノ――アースレイヤ・ダガー・イスハーク皇太子の西妃レイラン

 中央広域戦――史上最大の東西戦争では、公宮勢力をまとめあげ、援軍に苦しむノーヴァ防衛戦に貢献する。

 ムーン・シャイターンの公宮が解散させる以前から、三千人の宮女を抱える公宮の最大勢力は西妃の生家――バカルディーノ家であり、その地位はもはや不動のものになっていた。
 皇后不在の公宮における第一位は、本来であれば花嫁であるが、権威を誇示せず、また東西戦争では通門拠点に同行した花嫁に代わり、リビライラは公宮の頂点に君臨していた。




 ― 『公宮に咲く花・一』 ―




 リビライラは、あらゆるものに恵まれて生を受けた。
 輝くような美貌。艶やかな銀髪。神秘的な灰青色の瞳。何不自由なく暮らせる富と権力。
 その代り、バカルディーノ家に背かぬ従順さを求められた。
 よどみ、落ちくぼんだ昏い眼差しで“お前はいつか、皇太后の座を射止めるのだ”……呪詛のように吹き込まれて育った。
 公宮へ来たのは、もう十年以上昔のこと。
 春風駘蕩しゅんぷうたいとうの楽園。
 出口のない牢獄。
 幾つもの顔を持つ、この華やかな世界にもすっかり馴染んでしまった。

 +

 大きな全身鏡の前に立ち、リビライラは己の輝くような美貌を客観的に眺めた。
 白い鈴蘭を頭髪に飾り、額には繊細な硝子玉の連なりが陽光を弾いて煌めいている。銀糸の刺繍で縁取りされた白い紗をまとい、肌を晒す腰には、銀糸で編まれた薄緑の帯飾りを垂らしている。
 はかなげな美貌を引き立たせる、白い衣装。
 本当は、繊細で可憐な白よりも、鮮やかで眼を引く赤が好きだ。
 それでも、今日のように大事な日には、己の魅力を最大限に引き出す白を着なくてはならない。

「ごきげんよう、西妃様」

 リビライラが公宮を歩けば、そこら中から声がかかる。
 ムーン・シャイターンがたった一人の花嫁の為に公宮を解散する以前から、公宮における最大勢力を固守してきた。
 誰もが足元にかしずく。
 ここへ来たばかりの頃、健在だった北妃ルナランに殺されかけたことがある。
 蝶よ花よと育てられてきたリビライラは、恐怖に震えたものだが、助けてくれる者などいなかった。アースレイヤですら……。
 彼が日頃、妃を名で呼ばず、階位で呼ぶ理由が判った瞬間でもある。

 ――すぐに代わるから……名前を覚えるだけ、無駄……そういうこと……?

 気付いた時には、愕然としたものだ。
 星の化身、宮殿の花と謳われたリビライラの名を、口にしたがらない男がいるだなんて。
 儚げと言われる容貌に反して気性の荒いリビライラは、自分をかえりみないアースレイヤが許せなかった。
 必ず、名を呼ばせてみせる。
 彼の中で自分の評価を、少しずつ上げて行った。公宮で対等しそうな女が現れる度に、どんな手を使ってでも蹴落とした。
 四貴妃ですら手にかけた。北妃も影を使って片付けた。
 最初は、アースレイヤの眼に留まる為。
 いつしか怒りは愛情に代わり、傍で支えたいと思うようになってからは、より一層、西妃の立場を固守し続けた。
 決して届かないのだと……気付くまでにそう時間はかからなかった。
 十年を共にしても、アースレイヤの心を捉えたことは一度もない。
 彼の視界に、公宮事情など欠片も映っていない。リビライラを含めて公宮の全ては、移ろいゆく背景。
 宮殿にいても公宮にいても、視線はいつも遥か遠く――外の世界へ向けられている。あらゆる戦いの渦中に身を置く彼にとって、公宮は些事に過ぎない。
 ただその時、傍にいる者を気まぐれに愛でるだけ……。
 想いをつのらせても、虚しさがかさむだけ……。
 振り向いて欲しいと願ったこともあるけれど、いつしか諦めた。
 好きなだけ、外の世界に眼を向けていればいい。
 リビライラは国母になる。
 公宮の頂点に登り詰めてみせる。一大勢力を築いて、決してお飾りにはならない皇太后になってやろう。
 宮殿に侍る貴顕きけんを、足元にひざまずかせて、興が乗れば愛でてやってもいい。
 誰にも媚びない。屈しない。
 もはや生ぬるい感情で、寵を競ったりはしない。東妃も懐妊さえしなければ、手にかけようなど思わなかったのに……。
 花嫁が気転を利かして神官宿舎に入れなければ、あの日、サンベリアの命は尽きていた。
 そうなることを知っていながら、アースレイヤは止めたりしないのだ。
 一時、気まぐれに愛でるだけ。
 最も多く、彼の視線を集めてきたリビライラですら……。
 ふと思う――
 たとえリビライラが殺されても、顔色一つ変えず“残念ですよ”と片付けてしまうのではないだろうかと……。
 そんな末路は、もはや恐怖だ。
 今朝早く、サルビアのノーグロッジの主力部隊が、ノーヴァに集結したと知らせを聞いた。
 近いうちに、必ずアッサラームから挙兵の声が上がる。
 ぎりぎりで進軍を続けるアッサラーム軍は、どこかで枯渇する。
 リビライラは、国を揺るがす局面にぶつかった時、支えとなれるように、密かに準備を進めていた。
 バカルディーノの権威を示すいい機会だ。
 ここには高貴な親に持つ娘も、バカルディーノと懇意にしている皇家筋の娘も数多くいる。
 そして、彼女達の頂点に立っているのは、リビライラなのだ。




リビライラ・1


prev index next