アッサラーム夜想曲

『血統』 - アメクファンタム -





 ― 『血統・二』 ― アメクファンタム




 東西大戦の終結から四年。
 間もなくアメクファンタムは、十三歳になる。

 柔らかな曇り空の下、ザインから帰還するアッサラーム軍を、アメクファンタムは宮殿の滑走場で待っていた。隣には現皇帝であるアデイルバッハと、次期皇帝のアースレイヤがいる。
 やがて、空の彼方に飛竜の陰翳が見えると、同じく滑走場で待つ兵士達が、一斉に帽振りで歓呼を叫んだ。
 先頭を翔ける飛竜には、砂漠の英雄――シャイタ-ンと、その花嫁ロザインが騎乗している。

「元気そうですね」

 彼等の無事な姿を認めて、アースレイヤは穏やかに微笑んだ。アメクファンタムも頷くと、彼等が着陸する様子を見守った。
 青い軍旗を手にした英雄は、しっかりした足取りでこちらへ歩み寄ると、皇帝の前で跪いた。恭しい手つきで、軍旗を両手で捧げる。

「聖霊降臨儀式は、無事に終了いたしました。お預かりしていた軍旗を、謹んでお返しいたします」

 軍旗の返上と共に、任務に与えられていた全権限を返上するのだ。

「うむ、大義であった。こうして、そなたから軍旗を受け取るのは、今度こそ最後になるな」

 穏やかにアデイルバッハが告げると、跪いたムーン・シャイターンも顔を上げて、控えめな笑みを浮かべた。
 皇帝は軍旗を手に取り、高く掲げてみせた。周囲から喜びの咆哮が上がる。
 西の英雄と花嫁の帰還を喜ばぬ者など、アッサラームには一人としていないのだ。
 歓喜に包まれながら、アメクファンタムの心は平静であった。いや、緊張しているのだ。
 ザインの聖霊降臨儀式が終わったということは、次は己の成人の儀式と、戴冠式が待っている。

 +

 期号アム・ダムール四五七年。一月三〇日。
 数千本もの管楽器が、厳かで喜ばしい福音を大神殿に響かせた。少年達が大音声で“アッサラームに栄光あれセヴィーラ・アッサラーム”と謳っている。

「アースレイヤ・ダガー・イスハーク皇太子」

 とう々と流れる言の葉、祝詞の果てに、サリヴァンが名を読み上げると、アースレイヤは祭壇の前に跪いた。
 顔に聖油を塗り、優雅に白貂しろてんをまとった彼は、厳かで美しく、立派であった。
 石床を鳴らし、アデイルバッハはアッサラームの歴史を重ねた水晶の宝冠を、彼の頭上に与えた。更に金色の錫杖しゃくじょうと宝珠を渡す。
 皇帝自ら手を取りアースレイヤを立たせると、その背を押して皆の前に立たせた。

「新皇帝――アースレイヤ・ダガー・イスハーク」

 今この瞬間、最高権威はアースレイヤに委譲された。
 列席する各国の名士、貴顕きけん達は深く跪いた。ザインから招かれたリャン・ゴダールも、礼装姿のシャイターン、聖衣を纏う花嫁も新皇帝の誕生に跪く。
 厳かな空気は、数々の神事に参列してきたアメクファンタムにも、緊張をもたらした。

「アメクファンタム」

 名を呼ばれて、いよいよ席を立つ。
 安息香に包まれた祭壇へ上がる時、石畳に刻まれた、幾世代もの足音が聞こえた気がした。
 心臓は早鐘を打っている。くらりと眩暈を堪えて仰ぎ見ると、新皇帝と眼が合った。
 血統に支えられてきたきざはしへと足をかける。踏み出す一歩を、これほど頼りなく感じるのは、いつぶりだろうか。

「アメクファンタム様、もう少し前へ」

 サリヴァンに小声に囁かれて、慌てて数歩を調整した。

「アメクファンタム・ダガー・イスハークの成人を認め、皇太子として遇することを、シャイターンに誓って宣言する」

 アースレイヤが告げると、成人の象徴である黒牙のサーベルを、サリヴァンは両手で差し出した。鞘に納められた刀身には、花嫁が手ずから彫った双竜が意匠されている。

「命ある限り、皇家の責務を負い、アッサラームに仕えることを誓いなさい」

「はい、陛下」

 全身を緊張させながら、戴冠したアースレイヤに最高位の敬称で応えた。
 幸せな皇子時代は終わった。これからは皇太子として、この国を見据えて行かねばならない。
 皇家が揃って露台に姿を見せると、眼下に集まる群衆から、割れんばかりの喝采が送られた。
 遠く――
 金色の陽に照らされ、尖塔の輪郭は鹿毛かげ色に輝いている。
 満ちる熱気と祈りの波動を肌に感じながら、アメクファンタムは瞳を閉じた。
 アッサラームを讃える大歓声が、聞こえる。
 新しい御世が始まる。
 時が満ちれば、連綿と続く歴史の後衛に、アメクファンタムも名を連ねるのだ。
 神の御心に従う魂が続いていく限り、この国の栄光は亡びない。
 青い星に帰すとも、魂は朽ちることなく砂漠に宿り、シャイターンの守護大地たる西全土にあまねく伝わるであろう。

 再び眼を開けると、手を挙げて歓声に応えた。
 権威に怯まず、奢らず、長い道のりに屈することなく、歩んでいこう――その先にきっと、未来がある。




『血統』 - アメクファンタム -


prev index next