アッサラーム夜想曲

『血統』 - アメクファンタム -





 ― 『血統・一』 ― アメクファンタム




 四歳の誕生日に、アースレイヤから美しい一角馬を授かった。
 全身が灰色の珍しい種で、天鵞絨びろうどのような毛並みをしている。彼女は、ランツァ。そう名付けた。
 アッサラームに生まれた男なら、五歳にもなれば馬に乗る。棕櫚しゅろの木の鞍に抱き上げられ、手綱を持てと言われるのだ。
 揺られるうちに体感を掴み、幾日か繰り返せば、さぁ行っておいで、と送り出される。更に日が経つと、砂の海に向かって駆け出せるようになる。
 風を切って、馬と一体になって、最大速度に挑戦するのだ。
 あの頃、ランツァに夢中だった。
 宮殿を飛び出して、砂の大海原、いつまでも沈まぬ夕陽に向かってどこまでも駆けたものだ。
 黄昏になると、黄金に染められた空と砂は渾然一体となり、息を呑むほど美しい。
 無限に続く砂の世界――聖都アッサラーム。
 祝福されし悠久の国に、輝かしい皇家に生まれたことが誇りであった。“遠征王”と呼ばれる皇帝、父であり次期皇帝であるアースレヤ、母であり公宮の花と呼ばれる、美しいリビライラ。
 世界は明るく輝いていて、希望に満ちている。
 約束された幸福。それが、アメクファンタムの未来だ。
 五歳になると、家族の肖像画を新しくした。
 愛する家族は多忙なので、画家の前に一斉に並ぶことは一度しかなかったが、その一度が嬉しかった。
 嬉しいけれど恥ずかしくて、恥ずかしいけれど嬉しくて……じっとしていることは困難であった。
 本当は、ランツァも一緒に描いて欲しかったのだが、残念ながら駄目だと言われた。
 六歳の頃、アースレイヤの姫が身籠り、室を賜った。四貴妃――南妃ピアランに昇格したが、間もなく姿を消した。
 行き場のない公宮で?
 謎の多い不思議な失踪には、リビライラの名を囁く声が、幼いアメクファンタムの耳にも聞こえてきた。
 そして知る、皇家の血塗られた系譜……
 ダガー・イスハーク家は、輝かしい栄光と智恵と善意だけで築かれてはいない。
 後衛に名を連ねる現皇帝も次期皇帝のアースレイヤも、繊細佳人なリビライラですら、非情なまでに残忍な側面を持っている。公宮を維持する為に、彼女は幾度も手を血に染めていた。
 信じていた未来は、初めて翳った。
 血は繋がっているはずなのに……彼等の非情が判らない。自分もそうあるべきなのだろうか?
 恐ろしくて、ランツァに寄り添い泣き伏した夜もある。
 行く末に不安を覚えながら、七歳を迎えた。
 聖戦の終結。
 国を揺るがす聖戦にアッサラームは耐え抜いた。劣勢の危ぶまれた、三年にも及ぶ侵攻を防衛しきったのだ。
 砂漠の英雄は、花嫁ロザインを連れて凱旋を果たした。
 その様子を、アメクファンタムはリビライラと並んで貴賓席から眺めていた。信心深い家系に育ったアメクファンタムは、花嫁に畏敬の念を抱いていた。
 彼と初めて言葉を交わしたのは、その年の暮れの合同模擬演習である。
 青い星のように、和やかな瞳をしていた。
 血統の重みに苦しみ、猜疑心にさいなまされるメクファンタムの瞳にも、花嫁の笑みは清らかに映った。
 尊い方。自分の歩む生とは、縁遠い方。
 花嫁に対して、離れたところから鑑賞するような印象を抱いていたが、間もなく、唯一無二の恩人へと昇華する。
 八歳になる頃、尊い天上人は暗殺の危ぶまれていたサンベリアを救い上げたのだ。
 彼女が産み落とす子は、いずれリビライラか、或いは自分が手にかけることになるのかと、密かに恐怖していたのだ。
 知らせを聞いた時、冷たい恐怖は春風に吹かれて、凍える指先には血が通い出した。
 安息香の焚かれた、穏やかな黄昏。
 祭壇に跪き、感謝を捧げるアメクファンタムの隣に、アースレイヤは無言で跪いた。

「何を熱心に祈っていたの?」

「え?」

 声をかけられたことが意外で、思わず呆けた返事をしてしまった。アースレイヤは、敬虔な信者のように瞼を固く閉ざしている……
 答えを待たれている気がして、恐る恐るサンベリアの話しを聞かせると、彼はゆっくり口を開いた。

「宝冠を戴く身であっても、傍に置く者を選ぶことはできるよ」

 穏やかな口調だが、重い言葉だ。アースレイヤは血を分けた実弟が健在のまま、即位を迎えようとしている。それ以外の兄弟が全員倒れ伏しても、彼とその弟だけは生き抜いたのだ。
 彼が祈りを捧ぐ姿を見るのは、今日が初めではない。
 毎日の典礼儀式に列席しているし、黄昏たそがれには静寂と安らぎの空間で祈りを捧げていることを知っている。
 見慣れた日常の祈りの光景に、今日初めてアースレイヤの幼い頃に想いを馳せた。
 もしかしたら、神と語らい心を解放することで、束の間の安らぎを得ているのだろうか。幼い頃からずっと……

「僕は、陛下のようにも、父上のようにもなれる気がいたしません……」

「同じ道を歩む必要などない。事実、私は陛下と違って遠征を推し進めはしないからね」

 思わず隣を仰いだ。東西大戦は目前に迫っているが、今の口ぶりからは否定的な感情が窺えた。

「人は歴史に学べない。幾年月、東西の衝突で苦渋を舐めても、東西統一を聖戦と崇め、国境に攻め入る。この国の宿痾しゅくあだ」

「ですが……先日、花嫁に行軍の意志を確認されたとお聞きしましたが……」

「東西の戦いが避けられないことは、明白だからね。勝機を上げる為にも、あの尊い方が自らの口で、遠征に発つと告げることが肝心なんだ」

 では、功を奏したのだろうか。彼は国門への従軍を名乗り出たと聞いている。

「以前の花嫁は、尊い御身にどれだけの力があるか、理解されていなかった。それは、力の放棄に等しい」

 その言葉は、アメクファンタムの胸に突き刺さった。
 皇家の、それも皇太子に最も近いと目されながら、我が身に降りかる権威に怯えているのだから……
 叱られた心地で押し黙ると、ささめくような、愉しげな笑い声が耳に届いた。

「落ち込むには早過ぎる。見込みはあるから、精進しなさい」

「――ッ、はい」

 滅多に褒めることのない人の言葉に、アメクファンタムは瞳を輝かせて頷いた。




『血統』 - アメクファンタム -


prev index next