アッサラーム夜想曲

『栄光の紋章』 - ジュリアス -





 ― 『栄光の紋章・九』 ― ジュリアス




 抗争の終結は、ジャムシード自身による証言により幕を閉じた。
 密室で長時間に及ぶ軍事裁判にかけられた末、彼は流謫るたくの刑を申し渡された。
 罪の重さを考えれば、死罪もありえたが、領民から支持の厚いジャムシードに恩赦が認められたのだ。
 ヘガセイアに真相の証明をする手立てがあったことは本当で、革命軍の中にはリャンの無実を晴らす者が幾人もいた。彼等は計画された礼拝堂の惨劇を知り、二家にどうにか知らせようとしていたところを、ジャムシード・グランディエにより囚われたのだ。
 かくして、ゴダール家への嫌疑は晴れた。
 二家は武力抗争の休戦に同意し、ジャムシードの後継は傍流の家系から、年若いジークムントが選ばれた。
 厳格な宗教家であるジャムシードの犯行が露呈し、善良な領民を不安にさせたが、アッサラーム軍立ち合いの下、領民の前で三家が停戦に応じると、歓びの喝采が起きた。
 各国から要人が集まる中、聖霊降臨の神官達も急ぎ再選抜が行われ、ザインは威信にかけて、予定通りに聖霊降臨日を迎えようとしている。
 争いが去る一方で、憐れな男が一人、静かにザインを去った。
 砂の海原うなばらに消えゆくジャムシードの顔には、穏やかな笑みがたゆたっていた。
 その笑みに理解が及ばず、気味悪げに訝しむ者もいたが、ジュリアスには心当たりがあった。軍事裁判の場で、憐れな男は最後の最後に心を明かしたのだ。

「私は、グランディエ家の重い家名が、心底疎ましかったのです」

「名声を得ていても?」

 問いかけると、男は自分を冷たく嗤うように、そうです、と続けた。

「富貴にあれど、心は貧しい身でした。くる日もくる日も、病床の両親、放蕩の兄、知恵の足りぬ弟達の世話をして、理性に疲れて、憑かれていったのです。真に病んでいたのは、この私でした」

 彼は長いこと、家族の問題に苦慮していた。負担を一身に背負い、およそ安らぎというものはなかったという。
 受け継いだ栄光も見上げるほどの富も、心を慰めやしない。家族というものに嫌悪を抱き、自らも家族を作ろうとは思わなかったという。

「領主になり、今度は二家の面倒まで見なければならない。家とは、なんとおぞましいのでしょうか。毎日、救いを求めておりました。家の礼拝堂は、夕刻になると、天窓から一筋の光が降りてくるのです。浄化の光に照らされ、煌めく塵を眺めながら……ある日、ついに考えました」

 ――二家を滅ぼそう。ドラクヴァ公爵を暗殺し、罪をゴダール家に押し付けるだけでいい。野心の強いドラクヴァは報復に乗り出すであろう……

「二家がいなくなった後、領主を続けるつもりだったのですか?」

 その疑問に、ジャムシードは静かに首を振った。

「病める私が選ばれるのなら、それも天意と受け取り、もうあと五年。選ばれなければ、凋落ちょうらくしようと決めておりました」

 力ない呟きには、苦悶極まった響きがあった。自らの裁きを神に託した男は、顔に陰惨な影を落として、ぽつぽつと語った。

「なぜ、私の家族は壊滅していたのでしょうか? 創造神の意図であるのなら、グランディエ家をお見放しになるおつもりであったのか。そうでないのなら、この私といい、空虚な家といい、誰のとがでしょうか?」

 心を打ち砕かれ絶望し尽くした男は、透明な涙を流した。

「哀しいのですか?」

「いいえ! 嬉しいのです。流謫の身となれることが、心の底から嬉しいのです。ようやく、家から解放される……私は真に、孤独になりたかったのです」

 その慟哭は、周囲の想像をはるかに裏切るものであった。その者にとって何が幸福であるか、他人には真に推し量れはしないのだ。
 苦悩から解き放たれた彼の笑みは、偽りなく澄明なものであった。
 砂に向かって、黙々とさすらう男の背を、役人と幾人かの家人が侘しく見守っていた。
 同じ日に――
 ジャムシードが三家の調和を崩したことを、リャンは権力の解体のきっかけと話した。

「血の混濁は、ようやく終わったのです。長い悪夢でした。三家の支配を少しずつ緩めていけるよう、これからも努めます」

 十年に渡る栄光を守った男は砂漠に消え、囚人から解放された青年は、晴れやかに展望を語った。

 +

 一年の除夜。
 ザインを揺るがした抗争の事後処理にも目途が立ち、ジュリアスは今夜ばかりは朝課の鐘が鳴る前に、光希の元へ戻った。

「お帰り」

「ただいま、光希」

 後ろから抱きしめ、顔を覗き込もうとしても、光希はふいと視線を反らした。
 背けた頬に唇を寄せようとすれば、手で阻まれる。

「……静かにしていたい」

 小声であったが、その言葉はジュリアスの胸に突き刺さった。あの夜から、光希の心はまだ遠く離れている。今夜は、聖なる浄闇じょうあんだというのに……

「一緒に外の様子を見に行きませんか? 今夜は領民も朝まで起きているでしょう」

 外に出すつもりのなかったジュリアスにしては、精一杯の譲歩であったが、光希は力なく首を振った。

「欲しいものは?」

 望まぬと知っていても、尋ねずにはいられない。光希の機嫌をどうにか取りたい……けれど、腕の中で彼は力なく首を横に振った。

「光希……」

「……」

「どうしたら、許してもらえますか?」

「謝らないと、言ったのに?」

 顔を背けたまま、乾いた口調で光希は呟いた。

「……貴方に許されたい。除夜だというのに、眼も合わせてもらえないなんて」

 すると光希は、おずおずとジュリアスを見上げた。

「誰の眼にも留まらず、声もかけられず、ひっそり内に籠りたい時ってない?」

「……例外はあります。判りました、静かにしています」

 せめて、傍にいることは許して欲しい。
 会話もせず、ただじっと抱きしめていると、腕の中で光希は次第に力を抜いた。背を預けて、温もりを分けてくれる。

「……オアシスを思い出した」

「え?」

 夜空に向けていた視線を光希に戻すと、美しい夜のような瞳はこちらを向いた。

「言葉は全然判らなかったけど、会話がなくても、いつでも僕の気持ちを汲んで、抱きしめてくれたよね」

「そうすることで、私も満たされていましたから……」

「……怒りって、持続しないなぁ」

 腕の中で光希は、諦めたように息を吐いた。許されたことを知り、ジュリアスもまた内心で密かに安堵のため息をついた。

「ジュリってずるいよ」

 恋人は、ふて腐れたように呟いた。
 返事に詰まったのは、全く同じことを光希に対して思うからだ。強大なシャイターンの神力を操れても、光希につれない態度を取られると、怯懦きょうだにさせられてしまう。
 返事の代わりに、黒髪を撫で、こめかみに口づけを落とした。




『栄光の紋章』 - ジュリアス -


prev index next