アッサラーム夜想曲

『栄光の紋章』 - ジュリアス -





 ― 『栄光の紋章・八』 ― ジュリアス




 腰を引き寄せ、強引に両足を押し開いた。

「やめてよ!」

 腰を固定したまま、下肢に顔を寄せて、屹立に息を吹きかけると、光希は刺激を散らすように身体を揺らめかせた。
 裏筋に下を這わせて、ゆっくりと舐め上げる。先端まで行き着いたところで、口内に含みこんだ。

「あぁっ」

 艶めいた声に、身体は滾る。丸い亀頭の形が歪むくらいに、強く吸い上げた。

「あ……んっ、ああッ!!」

 絶頂が近いのだろう。光希は焦ったように身じろぎ、ジュリアスを押しのけようとする。

「離して!」

「……なぜ? 良いのでしょう?」

「離してったら……ッ!」

「出して。このまま、私の口に」

 言葉の卑猥さに、光希が狼狽えるのが判る。遠慮などせず、強く吸引すると、光希は唇をかみしめた。

「……ッ」

 快楽を堪える艶めいた媚態を眺めながら、思い知ればいいと、苛立つ心が囁いた。
 同じだけ、光希にも求めて欲しい。
 容赦なく追い詰めると、光希は身体を震わせて達した。喉の奥に吐精されたものを、あますことなく嚥下する。

「う……」

 顔をあげると、光希は羞恥と罪悪感をない混ぜたような顔で、ジュリアスを見つめていた。

「こんなこと、僕は……」

「もっと足を開いて」

 閉じようとする足に手を掛けると、光希は泣きそうな顔をした。

「ジュリ」

「舐めてあげる」

「やだ……っ」

 強引に割リ開くと、屹立に舌を這わせながら、窄まりへ指を滑らせた。

「ぅ、嫌だって……ッ!」

 切羽詰まった、か細い声が聞こえても、手加減する気になれない。
 抵抗を押さえつけ、しゃぶりたてながら、香油に濡らした手で尻のあわいを撫で上げた。

「うぅ……」

 蕾にゆっくり潜り込ませると、抵抗もなく呑み込んでいく。

「ジュリッ!」

 揺らめく媚態を眼に愉しみながら、指を深く埋めてゆく。肛壁をさするように、指を前後させると、光希は大きく身体を撥ねさせた。食まされた指を強く締めつけた。
 ひくつく蕾に、二本、三本……指を増やしていく。
 香油の入った瓶を傾けて、尻のあわいに、たっぷりと垂らす。下肢はとろりとした液体に濡れそぼり、照明の光を浴びて煌めいた。
 漂う甘い芳香に、ジュリアスは眼を細めた。一方で光希は、嗚咽にも似たくぐもった声を漏らしている。
 尻を左右に鷲掴み、割拡げられた後孔の口が押し開く。ジュリアスは顔を埋めると、舌先で突くようにそこを押した。

「力を抜いて」

「嫌だ」

「光希」

 シーツに押し当てた横顔に口づけようすると、光希は拗ねたように顔を反対側に倒した。

「んっ……」

 髪をかき分け、耳朶を齧ると、拒絶は甘い声に変わる。

「痛い思いはしたくないでしょう?」

 優しい口づけを繰り返すと、光希も半ば諦めたように身体を弛緩させた。

「ん、や……っ、あぁ!」

 卑猥な水音を立てて、蕾を弄ると、甘さの含んだ声を断続的に上げた。繋がる為の経路を優しく広げていくと、やがて三本の指も滑らかに動き始めた。
 シーツに顔を埋めていた光希は、今や筒状のクッションに噛みついて、声を押さえんとしている。
 切っ先を蕾に宛がい、ジュリアスは光希の閉じた瞼を舐め上げた。

「なっ」

 視線を合わせながら、押し入った。光希は息を殺して、衝撃をやり過ごしている。
 身体を前後に揺するたびに、挿入は深く突き刺さった。
 縮こまった下腹を掌で撫で回し、揉みしだくと、光希は甘い息を吐いて力を抜く。奥深くまで入り込んだところで、ジュリアスも動きを止めた。

「……ッ」

 あられもなく脚を拡げたまま、光希は荒い呼吸を繰り返している。
 熱く脈打ち、締め付ける孔壁を穿てば、肉襞が包みこむように蠕動ぜんどうし始めた。

「あ、あっ、んんッ!」

 強烈な快感に、ついジュリアスは加減のたがを外して、悦楽を穿った。
 上がる嬌声に苦しげな響きを察知して、加減すれば光希も良さそうに下肢の強張りを解く。

「ん、んッ!」

「誰よりも、何よりも私を優先してください」

 黒い双眸に、涙の膜が張った。返事を拒むように、唇を噛みしめている。飛沫で奥を濡らしても、引き抜かずに揺さぶり続けた。

「は、ぁ……っ、嫌だ……っ」

「……ッ、は、本当に?」

 内壁の反応するところを穿てば、背をしならせて刺激を逃がそうとする。黒い眼差しは、怒りと快感がない混ぜになり、潤んでいる。彼の許容を越えても、貪ることを止めるのは難しかった。
 満ちる空気は、果てなく濃密に深みを増してゆく。
 満足がいくまで揺さぶり、ようやく離す頃には、光希は殆ど口も利けぬほど疲れ切っていた。
 視線が絡むと、眉をひそめて反対側に顔を傾ける。頬に触れると、煩げに振り払われた。

「満足した?」

 その言い方に苛立ち、光希の肩を掴んで無理矢理こちらを向かせた。潤んだ瞳から、涙が零れ落ちる。

「……謝りませんよ」

 傲慢な台詞は、力なく響いた。
 燻っていた怒りは一瞬で氷塊し、苦い深淵に変わる。腕を交差して顔を覆い、欠片も声も出すまいとする光希……
 か弱い風情に、胸が張り裂けそうなほど軋んだ。
 全てを捧げられるほど、愛しているのに。何よりも、大切にしたいのに。どうして。

 なぜ、傷つけてしまうのだろう……




『栄光の紋章』 - ジュリアス -


prev index next