アッサラーム夜想曲

『栄光の紋章』 - ジュリアス -





 ― 『栄光の紋章・六』 ― ジュリアス




 三家から歓待の申し入れがあったが、いずれもジュリアスは断った。
 今夜こそは、静かな隊商宿キャラバン・サライで光希と共に過ごしたい。
 汗を流して絨緞に腰を下ろすと、流石のジュリアスでも疲労を感じた。ほろ苦いザインの葡萄酒が、乾いた舌に沁み渡る。
 休む間もなく奔走していた光希も、濡れ髪のまま、ジュリアスの隣でまどろんでいる。
 ザインに到着してから、息もつけぬ展開であった。
 今夜は早く休んだ方がいい。判ってはいるが……リャンに寄り添う光希の姿が、瞼の奥に焼きついたまま消えてくれない。
 一度は光希に救われ、捻じ伏せた憤りが心の底で燻っている。やり場のない怒りを、まだ消化できていないのだ。
 確かにリャンを見た瞬間、シャイターンに縁があることを、朧ながら神眼で感じ取った。だが、そんなことはどうでも良い。二度と、光希に会わせたくない。

「……ジュリ、まだ起きてる?」

 一人で杯を空けていると、眠そうな眼で光希はジュリを仰いだ。ゆったりした動作で起き上がり、寝台へと眼を向ける。

「ジュリ?」

 起き上がろうとする光希の腕を、殆ど無意識に掴んだ。

「……リャンを支える光希を見て」

 硬い声を聞いて、光希は表情を強張らせた。困らせたくない。けれど、空気を悪くすると判っていても、言わずには……

「胸が、張り裂けるかと思いました」

「うん……」

「私が、どれほどの想いで――」

 声を荒げそうになった途端に、光希に抱きつかれた。

「心配かけて、ごめん」

「……」

「ジュリ……今回の件で、誰かを罰したりしないで。全て僕の独断なんだ」

 乞うような口調で、窺うようにこちらを仰ぐ。愛おしいけれど、じれったい念に駆られた。彼の瞳には、いつでも多くの心配事が同居しているのだ。

「いいえ、責任を取らせます。光希の安全を守る親衛隊に、あるまじき行動でした。西門を任せたアルスランにも――」

「お願いだ、やめて」

 光希は、泣きそうな顔でジュリアスに縋りついた。

「それから、光希も残りの日はここで謹慎です。聖霊降臨儀式には、代役を連れていきます」

「そんな! 出席できないなんて」

「あんな所で貴方を見つけて、心臓が壊れるかと思いました。もうこれ以上、心配の種を増やさないでください」

「ごめんなさい。だけど――」

「却下です。残りの日は、大人しく私の傍に」

 いかにも不満げに光希は沈黙した。口ではジュリアスだけの花嫁と言いながら、光希は神秘の力は万民の為にあると考えている。
 身勝手と知っていても、ジュリアスにはそうした光希の高潔さが、不満であった。

「光希は、私だけの花嫁です……」

「もちろんだよ。心配をかけてごめんなさい。だけど、必要とされている局面で、隠れていたくない。力の放棄に等しいと、指摘されたこともあるんだ……」

 どうせ、アースレイヤだろう。あの忌々しい男は、ジュリアスを動かす手段に、何度も光希を利用しようとしてきた。

「東西大戦とは違いますよ。光希が危険を冒してまで、ザインを助ける理由なんてありません」

「ジュリ……あんなことが起きた後だし、ちゃんと皆の前に出て祝福したいよ」

 柔らかな手を伸ばして、優しくジュリアスの頬を撫でる。今夜ばかりは、宥められるものか。その手を掴んで剥がした。

「残りの日を、ここで浅慮を反省して過ごすのなら、他の者への処罰は考慮しましょう」

「……それは、脅迫だ」

「私が、いつでも正しい判断ができるなんて、本気で思っているのだとしたら、大きな間違いですよ」

 ここへくる前に投げつけられた言葉を返すと、光希は苛立ちを押えこむように沈黙した。
 かくも冷たい眼差し。彼の心が離れていくのが判る。
 心に壁を作り、眼の前にいるジュリアスを見ようとしない。眼には見えぬ玻璃の壁が一枚、二人の間に挟まっているようだ。
 忌々しい壁を前にすると、普段であればことのほか優しく囁くのだが、この時は、苛立ちが勝った。

「……っ」

 絨緞の上に光希を押し倒し、強引に口づけた。暴れる身体を押さえつけ、角度を変えては、唇を合わせる。

「ぅ、な……っ!?」

 顔を離すと、光希は戸惑った表情でジュリアスを見上げた。

「私を心から締め出そうとするのは、やめてください」

「僕がいつ――」

「たった今」

 視線を逸らさずに告げると、組み敷いた身体は小さく震えた。顔を下げると、顔を横に傾けて逃げようとする。

「やめて」

 耳の輪郭をなぞるように、舌を這わせると、弱々しい抵抗で応えた。

「何の解決にもならない。今、本当に抱きたいって思ってる?」

「思っていますよ」

「怒りをぶつけているだけだよ」

「そうですよ。欲望を、ぶつけてはいけませんか?」

「な……」

「貴方は私の花嫁だ……抱きたい」

「ジュリッ」

 もう、気持ちを抑えられそうにない。腕の中で、怯んだ表情を見せられても、構わずに珠のような肌に吸い付いた。




『栄光の紋章』 - ジュリアス -


prev index next