アッサラーム夜想曲

『栄光の紋章』 - ジュリアス -





 ― 『栄光の紋章・五』 ― ジュリアス




 不安そうに見つめる光希の隣で、唖然としている男――リャン・ゴダールを、ジュリアスは氷の眼差しで見下ろした。

「誰の許しを得て、私の花嫁ロザインに触れている」

 馬上から剣先をリャンに向けると、男は不敬に気付いたように姿勢を正した。

「ジュリ、待って――」

「武器を下ろさぬ者、直ちに武装解除せよ!」

 周囲に向けて一喝すると、武器を手にしていた者は慌ただしく従った。革命軍も武器を下ろして、様子を窺っている。
 視界に映る範囲に、争う者はいない。
 混乱が落ち着いたことを確認すると、ジュリアスは呆けたように見上げている、リャンの前に降りた。

「待ってッ!!」

 あろうことか、光希はリャンの頭を腕の中に引き寄せた。

「怪我をしているんだ!」

 見下ろす氷の眼差しにも怯まず、光希はジュリアスを睨み返した。更に男の顔を両手に挟むと、四点を結ぶ口づけ――額、両頬に素早く唇を押し当てた。

「光希ッ!!」

 力任せに、リャンの首を掴んで引きずり倒した。

「ぐ……っ」

 呻く男を気にかける光希を、両腕で拘束する。

「やめてッ! 彼に祝福を与えました! 酷い真似をすれば、天罰が下りますッ!」

 胸に縋りつく光希を見下ろして、比類ない熾烈しれつな感情が走った。酷く罵ってやりたい気持ちで、口を開きかける――

「なぜ、そのような者を庇うのですか?」

 疑問に満ちた声で問い掛けたのは、ガルーシャ・ドラクヴァだ。光希を前に、困惑しきった様子で跪いている。

「この場で、全てを明らかにするつもりはありません。ですが、一つだけ。リャンの無実だけは、はっきりと申し上げておきます!」

 澄んだ声は、天に聴きれられたかのように、隅々まで響き渡った。
 曇天は急速に遠ざかってゆく。
 雨の大気に漂う微細な粒子は、雲間から射しこむ斜光を弾いて輝いた。
 神の御業を目の当たりにして、人々は呆けたように、光希を仰いでいる。怒りに支配されているジュリアスですら、銀鼠ぎんねずの靄に立つ光希を、美しいと思った。

「……よくも、猖獗しょうけつ満ちる場所に、私の花嫁を立たせてくれましたね」

 怒りの矛先を周囲に向けると、おののいたように全員が視線を伏せた。呻くリャンの身体を、革命軍の仲間が助け起こしている。

「ジュリ……」

 袖を引かれて、不安そうな黒い瞳と視線が合った。例えようのない、怒りが沸き起こった。

「――ッ、勝手な真似を!!」

「ごめんなさい!」

「どうか花嫁をお叱りにならないでください! ご迷惑をおかけしたのは、全て私なのです!」

 勘に触るッ!
 度し難い男だ。ジュリアスは勁烈けいれつな眼差しで睨んだ。射抜く視線は針そのものだったが、リャンは気丈にも臆さず見返した。隣で支える男が、焦ったように声をかけているが、リャンは強い視線を外そうとしない。
 もし――
 彼の瞳に、一滴でも恋情が浮いていたら。光希が、彼を選ぶ素振りを欠片でも見せようものなら。
 神の逆鱗に触れたとしても、リャンを殺そう。
 天地破壊のわざわいが降り懸かろうとも、光希だけは渡さない。絶対に。
 罪を覚悟した刹那。風が流れた。
 陰惨な冷気が満ちて、誰もが下を向く中、光希だけは躊躇わずに手を伸ばし、ジュリアスの頬を撫でた。

「大丈夫。僕達は変わらない」

 静かな囁きは、ジュリアスの心の琴線に触れた。無垢な黒い眼差しは、ジュリアスだけを映して煌めいている。
 神よ――
 安堵と共に、血流が身体を駆け巡った。
 頬に触れる手を、掴もうとする己の手が震えている。ジュリアスは、自分がどれほど恐怖していたかを知った。

「――リャンッ!」

 人を割って、バフムート・ゴダールが駆けてきた。リャンを認めて、顔に安堵の色を浮かべている。
 互いの無事を喜ぶ二人を視界の端に見やり、ジュリアスは内心で深く息を吐いた。
 眼差しをいくらか和らげると、こちらに眼を注ぐ一同を見渡した。

「今日から聖霊降臨日まで、一切の抗争を禁じます。破るものは、西諸侯と共に厳しく取り締まるので、そのつもりでいてください」

 ひれ伏す一同は深く頷いた。
 感謝の眼差しで仰ぐ光希を見て、ジュリアスは不機嫌も露わに片眉を上げた。
 全く……光希には、言ってやりたいことが山とある。気まずげに視線を逸らしたかと思えば、光希は顔つきを変え、凛とした表情で周囲を見渡した。

「僕は、特定の誰かではなく、ザインを祝福にきました」

 一人、また一人と光希を仰ごうと顔を上げる。

「争うのではなく、奪うのではなく……力を合わせることができるはずです。誰もが、敬虔な心で結ばれているのだから」

 光希の纏う清廉な空気や、神聖な闇夜のような黒髪は、彼等の視線を大いに奪った。

「武器を置いて、大切な人達と穏やかな除夜を迎えてください。そして晴れの聖霊降臨日の後には、アッサラームの新しい御世を、ザインの皆にも祝福して欲しい」

 澄んだ声は不思議と響き渡り、遠くに跪く者にも届いた。

「もう、この美しい都で血を流すのはやめましょう」

 ひれ伏すゴダール家、そしてドラクヴァ家は深く頭を下げた。




『栄光の紋章』 - ジュリアス -


prev index next