アッサラーム夜想曲

花冠の競竜杯 - 29 -


 大腿に昂りを押しつけられ、光希は小さく喘いだ。
「私以外の、他の誰にも隙を見せないでください。でないと、貴方に酷いことをしたくなる」
 背中から、淡い褐色のたくましい腕が、光希の身体を拘束する。隙間もないほど身体がぴたりと重なり、その肌の熱さに、光希は小さな声をあげた。
「どうされたい?」
 官能的な声で耳に囁かれて、光希の心臓は宙返りした。何もいえずにいると、硬い熱塊を、小さな円を描くようにして尻の窄みにこすりつけられた。
「あっ」
「光希? 教えてくれないと、判りませんよ」
「ジュリ……」
「何?」
 耳たぶを甘噛みされて、光希は震えた。
 心臓が煩いほど鳴っている。すっかり勃ちあがっている中心から、蜜が滲みだしている。
「教えてください、光希……」
 ジュリアスは唇を首筋にすべらせ、舌でなぞって、みだらな痕をつけていく。首のつけ根に達すると、肩にそっと歯を立てた。
「ふぅっ、ん……」
 その刺激だけで、達してしまいそうだった。どうにか堪えたが、不埒な手は止まらない。鎖骨を撫で、そのまま下へと降りていく……胸をすくいあげるようにもみこまれ、乳暈にゅううんの中で芯が疼いた。
「は……ん」
「光希?」
「ん……触って」
「どんな風に?」
「……」
「教えてください、ね……」
「……摘まんで」
 消え入りそうな声で呟くと、先端をきゅっと摘まれた。
「あんッ」
 尻に屹立を押し当てられ、窄まりを探られる。軽く突かれた瞬間に、光希は高い声をあげた。熱くて、恐ろしく怒張したものが断続的に突いてくる。
「い、嫌だ」
「なぜ?」
「お、怒ってる」
「多少は」
 泣きそうな顔で光希が振り向くと、ジュリアスは有無をいわせぬ勢いで唇を塞いだ。
「ッ、ふ……」
 重ねた唇は荒々しく、罰するような気配に満ちている。碌に抗えぬまま、口内を貪られてしまう。
「……口の中も、いつもより熱いみたいですよ。貴方の中はどれほど熱いのでしょうね?」
 低く、甘い声で囁くと、ジュリアスは濡れた舌で光希の口腔を再び探り始めた。粘膜が擦れあい、淫らな水音が二人の間から聞こえている。
「ふぁっ……ん……ぅ……はぁ……」
 いつもより敏感な口の中――舌裏や口蓋こうがい、歯列までも、熱い舌で掻き回され、余すことなく暴かれ、甘い痺れが下肢を直撃する。何もかも、奪い尽すような口づけだった。
「ん、んぅ……! は、も……はな……」
 これ以上唇を重ねていたら、心臓が破裂して死ぬかもしれない――幽かな恐怖に光希は涙声で赦しを請うた。
 ようやく唇が離されると、光希はぐったりとジュリアスにもたれた。
「すみません、つい夢中で……腫れてしまいましたね」
 濡れた唇を指が優しく拭う。その刺激にすら、敏感になった身体はびくびくと跳ねた。
「もっと愛してあげる」
 寝台の上に仰向けに押し倒され、ジュリアスは情熱的に光希に覆い被さった。性急に大腿を開かされて、光希は反射的に腿に力を入れて閉じようとする。
「光希、私を見て」
 光希はぼんやりとした瞳でジュリアスを見た。目があっただけで、身体が熱くなった。
「ん……」
 優しく胸をもまれ、甘い痺れが全身に走り、二つの突起へと収束する。熱い……まだ触れられていないのに、乳首がじんとする。
「気持ち良さそうですね……膨らんで、朱くなっている」
 ジュリアスが顔を伏せると、光希は喜悦を予感して泣きそうになった。唇に乳暈を挟まれ、割れ目を舌でとんとんと突かれる。
「あぁ……っ」
 指と舌で乳首をいたぶられ、朱く腫れた突起が、ずくん、ずくんと疼いている。
 愛撫されるうちに、ぷっくりした乳暈の割れ目から、色づいた突起が姿を現した。ジュリアスはそこをじっと見つめると、ちゅう、と音を立てて吸いあげた。
「あぁっ、ん、はぅ」
 尖った乳首を舌で転がされ、そっと歯をたてられる。甘い疼痛とうつうの繰り返し。気持ち良すぎて、頭がおかしくなりそうだ。
「も、吸わないで……ッ」
 これ以上吸われたら、なにかが出てしまいそうだ。けれど、ジュリアスに身体を押さえつけられて、快感から逃れることはできない。
「んぅ……ッ……あぅっ、や……ああ……ッ」
 吸われていない方の乳首は、指の腹で押しつぶされ、絶えず刺激を与えられる。敏感になった小さな肉粒を苛まれて、光希は足をすり合わせて身悶えた。
 尖りきった乳首に歯をたてられた瞬間、視界が弾けた。快楽の稲妻に身体を貫かれる。
「ん、あ……あぁッ」
 性器がこぷりと蜜を吐きだした。胸を弄られて極めたのだ。肩で呼吸する光希を、ジュリアスは食い入るように見つめている……
「かわいい、光希……胸がそんなに良かった?」
 白濁に濡れた屹立をそっと握りこまれ、光希は首を横に振った。
「や……」
「まだ熱いままですね……何度でも良くしてあげる。ここから、何もでなくなるまで」
 ジュリアスは光希の唇を優しく塞いでから、端正な顔を伏せた。丸い腹に顔を埋めて、臍に口づけ、ゆっくり唇で辿っていく。
 膝に手をかけられ、身体を開かされると、光希は刺激に身構えた。
「……ジュリ――んんッ」
 屹立に吐息が触れて、熱い粘膜に包みこまれた。ぞくぞくと痺れが走り抜けて、全身の血が股間に集まっていくのを感じる。
「あ、やぁ、あぁっ……あぅ」
 あられもない水音を聴きながら、光希は蕩けた声で喘いだ。吐精したばかりだというのに、もう射精感に襲われている。このままでは――
「も、だめっ、はな……ッ」
 金髪を手で押しのけようとするが、咎めるように、いっそう激しく吸引されてしまう。
「我慢、でき、ぁ……ッ」
「我慢しなくていいですよ。ほら、だして……早く飲ませてください」
「っ、でも、今日はやめた方が……っ」
「どうして? 貴方のここは、いつでも美味しいですよ」
「な、な、ああぁッ!?」
 光希は懸命に頭を左右に振るが、ジュリアスはじゅぷっと水音を大きくしながら荒淫を烈しくする。
「んんっ!」
 巧みな舌技に翻弄されて、快感を止められない。根本まで咥えこまれ、熱い粘膜に扱きあげられ、光希は観念した。
「あぁ、でちゃ……は、あぁっ」
 じゅっと力強く吸いあげられ、脈打った光希の性器が飛沫を噴きあげた。荒い呼吸で息を整えながら、当然のように喉を鳴らして飲み干すジュリアスを、光希は泣きそうな顔で見つめた。
「僕、身体が変なんだよ……そんな、飲んだりして……」
「ええ、私にも貴方の熱が移るかもしれませんね」
 半ば本気で心配になり、水差しを探そうとする光希を、ジュリアスは寝台に押し倒した。
「ジュリッ」
 非難の声を無視して、ジュリアスは尻をもちあげるようにして顔をうずめると、窄まりを細かく舌で突きだした。
「んぁッ、あっ、駄目……ッ」
 たまらず、金髪に指を差し入れて思い切り掴んでしまう。行為をせがんでいるのか、押しのけたいのか、光希にもよく判らなかった。
「っ……香油、香油を使って……!」
 声は潤み、懇願するような口調になった。ジュリアスは顔をあげると、餓えたような瞳で光希を見つめた。
「今日はこういう風に愛しましょう……たくさん気持ちよくしてあげます」
「ひぁッ」
 尖らせた舌が、中へ潜りこんでくる――強すぎる快感が怖くて、光希は目を瞑り、身を捩って逃げようとした。
「逃がしません」
「い、やだぁッ」
 執拗なほど丹念に、肉輪を舌で舐められる。必死に暴れても腰を掴んで引き戻され、咎めるように、いっそう尻孔を舌で抉られてしまう。
「んっ、ん、あぅ……ああ……っ!」
 こぷり……性器から蜜が溢れた。後ろを弄られながら、全身を痙攣させて光希は達した。また極めてしまった。これで何度目だろう?
(なんで、俺……どうなってんの……こんなの、おかしい……)
 混乱と悦楽の極みで光希がすすり泣いても、ジュリアスは愛撫をやめようとしなかった。
「んぁ、あ、ジュリ……ッ……もうやだってぇ……」
「は……まだ足りないはずです」
 淫らな愛撫は永く続けられた。光希が泣いて頼んでも、ジュリアスは顔をあげようとしなかった。
 うつぶせにされる頃には、光希はぐったりしていた。もう何度達したのか判らない。抗う気力はない。どこに触れられても身体に電流が走って、あられもない声が出てしまう。
 ジュリアスはうつぶせにした光希の、白くまろい尻を持ちあげた。大腿の間に腰で割って入ると、猛ったものを、ぬかるんだ入り口に沈めていった。
「あ、あ、あぁ……ッ」
 上掛けに片頬を押し当てて、光希はくぐもった声で泣いている。ジュリアスは奥まで挿入すると、限界まで引き抜いて、もう一度沈めた。ゆったりと深い抽送を繰り返す。
「あぅッ!」
 肉胴の膨らみを猛った熱塊に擦りあげられた時、反射的に腰が浮きあがって、反り返った屹立が揺れた。びゅっと蜜が飛び散り、飛沫が胸にまでかかる。
「あ、あ、あぁっ」
 また極めたのだ。けれど、ジュリアスは律動をやめようとはしない。
「ふ、今すごく収縮しましたよ。中もすごく熱い……」
 深く穿たれながら、脚の間で揺れる屹立を握りこまれ、光希は弾かれたように仰け反った。
「んぁッ、も……動か、な……っ」
「無理ですよ、貴方の中がよすぎて止まれません」
 ジュリアスの長い指が、光希の性器を包み、緩急をつけながら扱いてくる。
「あん、や、あッ……はぁ、ふっ」
「たまには、媚薬の類もいいかもしれませんね。いつもより長く愛せる」
「もぉやだってぇ……ッ」
「ここはまだ硬いですよ? まだ出せるでしょう?」
 巧みな愛撫に蕩かされ、光希は我を忘れて喘いだ。揺さぶられ、追い詰められ、思考は白く濁っていく。あと少しで極められる――絶妙な境界線で、殆ど尖端だけを引き抜かれた。
「は、ぁ……?」
 律動をやめたジュリアスは、刺激を求めて震える身体を仰向けにして覆い被さり、赤く染まった耳を食んだ。光希の唇から、柔らかな吐息が零れる。色づいた胸を手で包みこむと、光希は焦れったそうに呻いた。
「ジュリ……?」
 肩越しに振り向いて、完全に動きを止めたジュリアスを恨めしそうな瞳で見つめた。
「なんですか?」
「……ジュリがしてくれないなら――あぁッ」
 自分の性器に触れようとした光希を、ジュリアスは深く突いた。白い背中が弓なりになった。
「動かない約束でしょう?」
「うぅ~……っ」
 断続的に揺さぶっては、動きを止める。繰り返すうちに、光希は唇を噛みしめ、泣き出す寸前にまで追い詰められた。
「ジュリの馬鹿……」
 光希は肩越しに振り向いて、潤んだ瞳でジュリアスを見つめた。その煽情的な表情を食い入るように見つめて、ジュリアスは光希を仰向けにして覆い被さった。
「あっ――んんぅッ」
 唇を奪われ、一気に貫かれた。激しい突きあげに、光希の視界に星が散った。尻が引きつり、脈打つ屹立を締めつける。濡れて、なめらかになった肉胴を突き上げる腰の動きが、艶めかしい水音を響かせている。彼の動きがいや増した。
「ちょ、ひ……あぁっん!」
 身体が蝋のように溶けていく。しがみついたジュリアスの身体も、火で炙られたように熱かった。強く求められていることに、胸の奥がぎゅぅっと苦しくなる。
「あ、あ、あぁ……ジュリッ、すきっ……」
 夢中で口走った瞬間、媚肉を抉る屹立が膨れあがった。
「ふぁっ!」
 強く突かれて、一気に奥へ到達した。ジュリアスは餓えたように光希を見つめている。背筋がぞくっとして、光希は背を反らした。途端に、息もつけぬ突きあげが始まった。
「あふ! は、あぅ、ん、ンッ」
 胸に手が伸ばされる。膨らんだ乳首をきゅっと摘まれると、光希は身体を弓なりにしならせた。
「ふぁっ、ん、ああぁあ――ッ――」
 悲鳴は口の中に呑みこまれた。唇を奪われたまま、甘く突きあげられる。光希は顔を左右に振って叫んだ。
「んぁっ、むり! も、抜いて……っ!」
「貴方が私を離さないんです。ここをひくひくさせて、私を食べているみたいだ」
 艶めいた吐息を漏らしながら、ジュリアスは光希を突いた。
「ひ、あっ、あん……ッ……ああ」
 何度も、何度も……甘く淫らに揺さぶられて、光希は断続的に意識を飛ばした。目を閉じていている間も、揺さぶられていたのかもしれない。いつの間にか、意識は真っ白な光に吸いこまれていた。




花冠の競竜杯 - 29 -


prev index next